• 家族や親戚だけで行う家族葬

    • 家族が亡くなられた時は、速やかに葬儀を執り行う必要があります。亡くなられた遺体は防腐加工をしても徐々に腐敗してしまいます。

      綺麗な状態でお葬式を迎えるなら、亡くなられてから2〜3日で葬儀を執り行うのが良いです。お葬式を執り行うには、病院で医師から死亡診断書を受け取る必要があります。

      この死亡診断書を役所に持っていくと火葬許可証をもらえます。
      火葬許可証は遺体を火葬する為に必要になります。

      死亡診断書を受け取ったら、病院から遺体を移送して専門施設か自宅に連れていきます。

      移送先で故人と最後の別れを行います。

      これは通夜と呼ばれる慣習で、遺族の方が朝まで遺体を守り続けます。



      この通夜の段階で身内や故人の知り合いに連絡したり、葬儀の規模や葬式会場を決めます。

      NAVERまとめの最新情報を紹介しています。

      葬儀は故人が生前に残していた遺言に従って行うのが良いです。


      葬式の規模から予算を考慮して、どうしても希望通りに出来ないのであれば、家族葬と呼ばれる小規模のお葬式を選ぶと良いです。
      家族葬は10人前後の家族と親戚だけで執り行う葬儀です。


      見知った者同士なら余計な気遣いが要らないので、遺族の負担も少ないです。
      家族葬の費用は50万円程度と安いのも特徴です。葬儀の執り行いで困った事があれば、葬儀社に相談して助けてもらうと良いです。

      葬儀社はお葬式のプロフェッショナルです。

      病院から遺体を移送する際に葬儀社に依頼すれば車を手配してくれますし、お寺やお坊さんの手配も行ってくれます。



  • 予備知識

    • 少人数で営まれる家族葬のメリット

      日本国内では、一般的に自分の家で亡くなる事が多く家族が亡くなった時には、盲目的に地域の葬儀店に依頼して葬儀を行うので葬儀の費用の相場は地域の葬儀業者のさじ加減一つで行われてきた経緯があります。しかし、人の亡くなる場所が自分の家から医療機関になった現在でも、医療機関が紹介する葬儀社に任せてしまうと、最後の孝行や最後の晴れ舞台などの言葉で誘導されてしまい、不要なグレードアップをさせられてしまい非常に高額な請求に驚いてします。...

  • 社会の秘密

    • 家族葬はどんな内容で行われるのか

      葬儀の方法もかなり変化をしていますが、家族葬で行うことも検討しているかもしれません。これまでの葬儀よりも費用も低減できるというのがやはり大きな注目を浴びる要因でしょう。...

  • 社会関係の真実・大事な社会の事

    • 家族葬のやり方を知っておきたい

      家族葬も葬儀の一つとして選ばれることも増えつつありますが、大まかでもいいのでやり方を知っておくとこれからに備えておくことも出来ます。比較的これまでの葬儀と比べて安いので、やり方なども違ってくるのかと不安になっているかもしれませんが、それほど大きな違いはないので安心して下さい。...

    • 遺族がゆっくりと故人を偲ぶなら家族葬

      家族葬は、著名人や大企業の社主などが亡くなった時に行われていた密葬の対外的な告別式を省略した葬儀様式で行われ、名が示す様に家族もしくは極限られた親族や知人だけでシンプルかつコンパクトに行われています。その為、故人の生前の功績や権威をアピールする目的も兼ねていた従来の葬儀を常識と考える高齢者の方からは、故人への冒涜や孝心不足と揶揄されてしまうケースもありますが、高齢者のほとんどが現在の経済状況や家族環境などを鑑みてシンプルかつコンパクトな葬儀を希望しています。...