• 遺族がゆっくりと故人を偲ぶなら家族葬

    家族葬は、著名人や大企業の社主などが亡くなった時に行われていた密葬の対外的な告別式を省略した葬儀様式で行われ、名が示す様に家族もしくは極限られた親族や知人だけでシンプルかつコンパクトに行われています。



    その為、故人の生前の功績や権威をアピールする目的も兼ねていた従来の葬儀を常識と考える高齢者の方からは、故人への冒涜や孝心不足と揶揄されてしまうケースもありますが、高齢者のほとんどが現在の経済状況や家族環境などを鑑みてシンプルかつコンパクトな葬儀を希望しています。

    日本の葬儀は、天皇家の殯に象徴される様に故人との別れを偲ぶのが一般的でしたが、葬式仏教と揶揄され信者が激減している仏教界により慌ただしい儀礼となり、遺族が故人を偲ぶのは葬儀を無事終えてからと本末転倒です。


    家族葬は、参列者や弔問客が非常に少ないので、遺族が見知らぬ故人の知人の接待に時間を割きストレスを蓄積する事がない上に、振る舞い善や香典返しなどの打ち合わせの必要が無く時間的にも余裕が持てます。

    @niftyニュースの情報を求める人におすすめです。

    又、家族や極限られた親族や知人と気心が知れているので、祭壇や棺など無意味なグレードアップして見栄を張る必要が無くコスト的にも安く抑えられ経済的負担も少なく済みます。

    家族葬の増加により、従来相場が全く見えなかった葬儀業界の料金体系が、葬儀後のお約束だった追加料金無しのセット価格が主流となり透明化されるだけでは無く、明朗会計を更に促進する生前見積もりも増えています。