• 少人数で営まれる家族葬のメリット

    日本国内では、一般的に自分の家で亡くなる事が多く家族が亡くなった時には、盲目的に地域の葬儀店に依頼して葬儀を行うので葬儀の費用の相場は地域の葬儀業者のさじ加減一つで行われてきた経緯があります。


    しかし、人の亡くなる場所が自分の家から医療機関になった現在でも、医療機関が紹介する葬儀社に任せてしまうと、最後の孝行や最後の晴れ舞台などの言葉で誘導されてしまい、不要なグレードアップをさせられてしまい非常に高額な請求に驚いてします。その為、現在では高齢者が自分の希望する葬儀の生前見積もりを依頼する傾向が増加している上に、インターネット上では家族葬を中心に必要最低限の小規模な葬儀プランがサイトトップに掲載され目を惹きます。



    家族葬は、比較的新しい葬儀の名称で馴染みのない方も多くいますが、少子高齢化や都市圏への過度の人口集中、長きにわたる経済不況など幾多の社旗問題を抱える現代社会のニーズにマッチした葬儀として、急増している葬儀形態です。

    家族葬は、密葬の規模や段取りで行われる為混同される事が多くありますが、密葬の様に一般参列者の為の告別式を行わない点が大きく異なります。


    家族葬は、基本的には家族数人で通夜及び葬式を行い、火葬を経て埋葬の流れで行われる葬儀形態です。

    他種類に及ぶT-SITEの人気が上昇しています。

    その為、基本的に通夜や葬式の参列者や弔問客が無く、香典返しや振る舞い善などの用意及び打ち合わせの必要が無くローコストで葬儀が行えるメリットがあります。



    最大のメリットは、遺族がゆっくりと故人の偲び冥福を祈る事が出来る事です。